コレだけは覚えておきたいGoogleの特殊検索


Googleの便利な特殊検索6個を紹介します

Googleの特殊検索とは、日常生活で「ふと知りたいこと」をサクッと教えてくれる検索方法です。

①郵便番号:
「郵便番号 ○○区○○」→7桁の郵便番号を教えてくれる
「107-0052」「 1070052」→7桁の郵便番号を入れると住所が表示

②天気:
「天気 ○○」→その場所の天気を表示

③世界時間:
「時間 アメリカ」→現地時間を教えてくれます

④株価・為替:
「株価 企業の名前」→株価が表示
「ドル 円」→外国為替相場が表示
「1万円を豪ドルに」→換算した金額が表示

⑤スポーツの試合結果:
「チーム名」→チーム勝敗成績(例:2勝7敗1分)や次の試合情報(対戦相手と日時)を表示してくれます。

具体例
巨人→巨人の成績と次試合情報
レッズ→浦和レッズ(Jリーグ)とシンシナティレッズ(大リーグ)の成績と次戦情報
アーセナル→直近の試合結果と次の試合情報

なお、シーズン中のみ表示されます。

⑥単位換算:
「1ヘクタールを反で」→1ヘクタール=10.083・・・反と換算された値が表示
「小さじをmlで」→1小さじ=5mlと換算値が表示

その他の特殊検索の例

これ以外にも、
電卓機能(10^2で検索すると100が表示など)
地震機能(地震で検索すると過去6時間の震度2以上が表示される)
荷物配達情報確認検索(クロネコヤマトに限る)などがあります。

また、交通案内・情報の検索も可能です。
「東京から札幌」や「運行情報 埼京線」や「都市名 地図」などがあります。いろいろと試して使いやすいと感じたら覚えておくと便利です。

以前は、「和英 ○○」や「英語 ○○」で英訳・和訳語が表示されていたのですが、なくなったかもしれません。
また、地震検索も東日本大震災後に震度2以上が連発しているため、気象庁などの公的機関を優先して表示するように変更されたかもしれません(検索しても出てこないため、そう判断しました)。

  

はてなブックマーク

検索のヒント

検索の歴史と現状分析