コレだけは覚えておきたいGoogleの賢い検索方法


Googleが便利になる検索方法8個

賢いGoogleの検索方法を8個紹介します。
なお、基本編で書いた、複数単語の検索や「-」マイナスを使った除外検索やファイルタイプ指定検索「filetype:」は省略しています。 これらの検索方法を知らない場合は、基本編もご覧下さい。

検索の基本編を簡単に紹介します。たとえば、AND検索(格安 飛行機チケット)や絞込検索(「格安航空券 JAL -ANA」:JALに関する格安航空券でANAという単語を含めたくない場合)などが含まれます。

8個の検索方法まとめ(詳しい解説は後述)

①うろ覚え補助:「*」
②タイトル・本文:「intitle/intext、複数単語:allintitle/allintext」
③サイト内:「site:」
・・・以下、有用性が微妙な検索方法・・・
④サイト情報:「info:」
⑤キャッシュ(アーカイブ):「cache:」
⑥類似ページ確認:「related: 」
⑦リンク数確認:「link: 」
⑧URL文字の確認:「inurl:」

①うろ覚え補助検索

「途中までは思い出せるのに・・・」といった場合や「類似ワードを知りたい」場合に役立つ検索方法です。

具体的には、「*」を使用します。
例: アフィリエイト*

ポイント:
スペースを入れずに*を付けます。また、前後左右・途中に入れることが可能です。
文章や名言、迷言などの場合に役立つでしょう。

②タイトル検索と本文検索

ウェブページの名前に、指定したキーワードが含まれるものだけ検索結果画面に表示してくれます。つまり、本文検索ではなくて、件名(ページタイトル)検索ということになります。

具体的には、2つの方法があります。
シングルワード(1単語)の場合:「intitle:」に続けて、キーワードを入力
マルチワード(複数単語)の場合:[allintitle:」に続けて、キーワードを入力

ポイント: 一般的に、タイトル名はキーワードを含めて簡潔な文章で入力されています。なので、文章を入れるよりは、単語単位で検索するほうが期待するページを探しやすいです。

本文にキーワードが含まれているページを検索したい場合は、
intitle:→intext: 、allintitle→allintext に変えればOKです。

③サイト内検索(ドメイン内検索)

最近では、さまざまなブログやウェブサイトで、検索画面が表示されるようになっています。これはサイト内検索(ウェブ全体を調べることが可能な場合もある)といいます。

しかし、わざわざそのサイトまで行って検索することが面倒なときや複数のサイトで検索したい場合もあるかもしれません。

そんな時には、Googleのサイトで検索すると便利です。

具体的には、「site:」に続けて、ドメイン名(URLのhttp://を抜いたもの)とキーワードを入力します。ドメイン名とキーワードの間には、半角または全角のスペースを入れてください。

具体例: URL: http://ohatoo.net/の場合では、「site:ohatoo.net SEO」

「SEO」というキーワードが含まれるwww.ohatoo.net内のページを検索結果に示してくれます。

④~⑧その他の検索方法

有用性が低いと考えたので、簡潔にまとめます。なお、○○:の後ろに、半角スペースを入れることがポイントです。入れないとエラーになる場合があります。実際の検索画面では、ohatoo.netの部分に調べたいサイトのドメイン名を入力してください。

④サイト情報の確認:(半角スペースのありなしに注意を)
「info: ohatoo.net」:ドメイン名を含むページを表示(link:と似てる気がします) 「info:ohatoo.net」:サイト名・概要の確認と、②~④を調べるためのリンクが確認できます。ただし、そのままクリックした場合は表示されないかもしれません(半角スペースが入っていないため)

⑤キャッシュ(アーカイブ)の確認:「cache: ohatoo.net」
Googleがキャッシュしているページを確認できます。これは、ドメイン名やURLを普通に検索して、「キャッシュ」をクリックすると表示されるので、あまり有用性は感じません。

⑥類似ページの確認:「related: ohatoo.net」
有用性はかなり低いです。英語のサイトなどがヒットします(笑)。
複合語やintitle:で探すほうがいいです。

⑦一部のリンク数の確認:「link: ohatoo.net」
Googleは、そのサイトへのリンク情報・数(被リンクといいます)をすべて公開しているわけではありません。悪用防止のため一部のみ公開しています。参考程度にはなるのですが、有料・無料を問わず、ネット上には素晴らしい被リンクチェックツール(SEOツールといいます)があるので、そちらを使うほうが便利です。

⑧URL文字の確認:「inurl:ohatoo.net」
URLに指定したキーワードを含むサイト・ページが表示されます。
この方法を使う場合、半角スペースを入れないことがポイントです。

  

はてなブックマーク

検索のヒント

検索の歴史と現状分析