検索エンジンの今後予想。コンテンツSEOとパーソナライズ化対策が急務


検索エンジンの今後を予想してみる

将来のことは誰にも想像できませんが、面白そうなので予想しておきます。

すでに公式発表やSEOを扱うウェブサイト・ブログで指摘されているように、2つのポイントを重視する必要があります。

2つのポイントとは、1.コンテンツ重視、2.パーソナライズ化です。
これらのポイントに対するSEO施策:現状と今後が重要視されて、実際の対策が進むことは間違いないでしょう。

ただし、検索エンジンで上位表示したいためだけに、過度の対策をすると、ペナルティやスパム認定されてしまうので注意が必要です。

コンテンツ重視(コンテンツSEO)とは何か?

コンテンツ重視とは、これまでの被リンクの超重視戦略からの変更を意味します。コンテンツSEOとも呼ばれます。従来は(今も)、被リンクの重要性が大変高かったのです。リンク付けとけばOKのような。

これが一変します。
具体的には、コンテンツ、つまり、サイト内容(文章)やリンクサイトとの関連性(統一性)が重視されます。そのため、リンク先(自分のサイト)とリンク元サイトの質、リンク元・リンク先のテーマの関連性、被リンク元とその被リンク元(孫的存在)の関連性も重視されるでしょう。

ただし、管理人の考えでは、関連性は納得いきますが、サイト内容の質を判断する指標は多様性に富むべきだと思います。

つまり、文章量(文字量)だけで判断するなと思うわけです。
少ない文字量でも質の高いページはたくさんあります。
そもそも、ノーベル賞を受賞した論文には、7ページしかないのもあります。
オリジナル性や新規性が重要だと思うのです。
冗長なだけの文章は評価が下がるようにして欲しいですね。

簡潔に、重要な点を、正確に伝えるか。これらが重要だと思います。 特に、Googleの最近の公式発表で、Googleのスパム取り締まりだけでなく、過剰SEOサイトへの対処も実施することが分かっています。 対応は早いほうが良いでしょう。

パーソナライズ化とは何か?

パーソナライズ化とは、1人1人の属性や傾向に合わせた検索結果の表示を意味します。これまでの画一的な検索結果から転換されるわけです。

個人的には歓迎ですね。「期待していたページ」が表示されるということは、そのページを読んでもらえることにも繋がります。つまり、成果につながる可能性が高くなりそうです。

これら2つ以外にも、セマンテック検索とかいろいろあるのですが、まずはコンテンツの充実をすることが大事になるでしょう。

  

はてなブックマーク

検索のヒント

検索の歴史と現状分析